食の専門家|パンの基礎知識も何もかも料理教室で覚える

パンの基礎知識も何もかも料理教室で覚える

レディー

食の専門家

ご飯

営業力が重要

フードコーディネーターとは、食の専門家のことです。民間資格の一種であり、近年注目が高まってきています。料理研究家との違いがわからないという人もいるのではないでしょうか。料理研究家は料理の味や見た目、作り方などを研究するのに対し、フードコーディネーターは料理を売り足すための販売方法や営業などより全般的に関わるのが大きな違いです。そのため、企業の開発部門で活躍したり、食材メーカーや料理器具メーカーと提携して活躍したりすることがあります。ただ、こういった活躍の場は自分で生み出していかねばなりません。ただ資格をとっただけでは仕事はないので、営業力が重要となってきます。ブログで情報発信したり、コンテストに応募したりして活躍の場を開発していくことも重要です。

関心の高さから人気

フードコーディネーターは食への興味関心が高まってきているため人気が高まっている資格です。フードコーディネーターは一般の人と企業などの専門家とをつなぐ存在でもあります。一般の人には、専門的な食の内容や食の流行を噛み砕いて紹介してくれる存在として、企業にとっては一般の考え方や流行廃りを紹介してくれるアドバイザーとして重要な存在です。食の安全性の問題や、自給率の問題などを気にする消費者も増加しているため、専門的な知識や動向を知りたいというニーズは高まってきています。また、ブログ記事を参考にしてレシピや献立を考える人はとても増えてきており、本を出版したりメディアに登場したりして有名になる人も多くいます。こうした点から今後も人気は高まると予想されます。